商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040

受付時間:平日9:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えます。



アメ

プレーン

アメ

アメ

プレーン

プレーン

whole fish plateホールフィッシュプレート

price: ¥ 2,592 ~ ¥ 2,700 (税込)

code: 104151 ~ 104153

quantity

ホールフィッシュとは英語で魚まるごと、という意味。名前の通り、魚をまるごとバランス良く盛りつけるためのプレートとして制作。細長いオーバル型はハンバーグとサラダ、サンドウィッチとフライドポテトなど2品盛りにするのもおすすめ。かすれた判子のような王冠のロゴもポイントに。ロゴのない新色プレーンも登場。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
W304/D167/H24

MATERIAL
白    磁器/透明釉/酸化
アメ   磁器/色釉/酸化
プレーン 磁器/アイボリー釉/還元
・プレート(白)は焼成の度合いによって白っぽいものやグレーっぽいものなど個体差が生じます。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

電子レンジ 食器洗い乾燥機 色むら 釉ダレ

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら

最近とても気になっているプレートがあるんです。

その名もホールフィッシュプレート。



家庭用にはちょっと長め?と感じる方もいそうなこのプレート。

でも実はとっても使えるプレートなんです。何が具体的に良いのか?

オススメしたい3つのポイントをご紹介します。

 

 


■ その1 魚料理を盛り付けやすい 


そもそもホールフィッシュとは英語で”魚まるごと”という意味なんです。

その名の通り、お魚が1匹丸ごと盛り付けられる器があったらいいなという思い

から企画されました。

ジャン

写真はイサキですが、余裕をもって乗せられるので、ハーブなどを添えてオシャレに

盛り付けもできてしまいます。また長さ30cmもあって、さんまだって乗せられますよ。

 

でもお魚が一匹丸ごと乗せられる器ってなかなかないんですよね。そして、あって

もたいていが和皿。お魚料理って和食のイメージが強く、焼き物皿というとどうして

和の器が多いんですよね。

 

ホールフィッシュプレートはフレンチビストロでお魚を乗せるプレートをイメージして

デザインされたもの。写真のようにハーブやレモンなど使った洋風のお魚料理にも合わ

せやすく、シンプルな洋プレートの食卓にもなじみやすいんですよ。

 

磁器素材なので吸水性がほとんどなく、焼き魚の油シミが付かないのも嬉しいところ!

お魚料理の強い味方ですね。

 

 

■ その2 朝食でのワンプレートに

慌ただしい朝の時間。できれば使う器は少なく済ませたい。でも、だからといって直径

26cm以上のワンプレート用のラウンドプレートだと、大きくて少し重いし、収納にかさ

ばるし…     そんなときに頼れるこの子。



長さのあるオーバル形ですが、実は意外と盛り面も広く、朝食では2品と言わず3品、

4品と料理を乗せられます。もちろんプチカップを乗せて組み合わせたりとアレンジ

しても可愛いですね。


 

もう、これ1枚あれば朝食の完成―!

ワンプレートで大きなラウンドプレートばかり持っている私にとって、、なんだか新鮮

な存在…!!

 


また、オーバル皿の魅力は何と言っても小スペースなところ。

幅を取らないので、テーブルでの食事でも、食器棚にしまうときもかさばらないのが助か

りますね。

 

 


■ その3 家族用の盛り皿に !

また長さのあるオーバルプレートはみんなで食事をするときにも頼れる存在。4人家族で

それぞれのお皿を置くと、中央にあまり盛り皿を置けなくなってしまったり。一応置ける

けど、テーブルにギュウギュウに詰め込まれた器たちはなんだかかわいそう。なんて思っ

てしまったりするのは私だけでしょうか。でもホールフィッシュプレートなら少しづつ余

裕をもって置けるんです。

 

置いてみた図。


テーブルに少し余白を残して置けるので、スッキリとしてなんだかオシャレに見えます

ね。空いたすき間にプチカップや小さな器を置いたりすれば、テーブルも普段と違って

賑やかに。

 

  

どうですか?ちょっとだけ、興味が湧いてきませんか?

知らないと、なかなか気に留めない方も多いホールフィッシュプレート。

形状や食事での使い方を知れば知るほど、だんだんと魅力的に見えてくる、そんな気になる

プレート。


 

みなさんも一度手に取ってみてはいかがですか?