商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

Myrtille cake plate  ミルティーユ ケーキプレート

price: ¥ 2,200 (税込)

code: 176003

お茶まわりのセットが揃ったシリーズ。ブルーベリーの色づけは職人さんが一つひとつ施している。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
Φ202/H22
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
半磁器/透明釉/酸化
・絵柄は一つひとつ手書きで施しています。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

色幅
色幅

商品の色に個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色ムラ
色ムラ

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラがでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

貫入
貫入

釉薬部分の細かなヒビが目立つ場合があります。直接貫入は商品に元々貫入が入っています。経年貫入は使用していくうちに入ってきます。素地と釉薬の収縮率の違いによって生じる釉薬部分のヒビのことです。商品本体の破損によるヒビとは異なります。使用前に生じることもありますが、使用上問題はありません。陶器、半磁器に現れます。

電子レンジOK

電子レンジのご使用について

電子レンジはマイクロ波で食材を加熱します。多くの場合は水分を加熱しますが、炭化した(焦げた)部分にはマイクロ波が集中し、他の部分より温度が上がる場合があります。例えば野菜炒めの炭化した(焦げた)部分にマイクロ波が集中して、器の中で大きい温度差が生まれ、破損する場合があります。また、水分だけでなく油分も加熱されます。油分の方が水分より沸点が高く、より高温となり、油分の含まれた部分と含まれていない部分に非常に大きい温度差が生まれ、破損する場合もございます

○電子レンジご使用後の熱くなった器を水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
※金・銀彩の上絵が施されている商品、特定の釉薬の商品には使用できません。使用できない商品にはシールが貼られていますのでご確認下さい
※付属品など陶磁器以外の素材については使用できません

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら

ツバメ柄が人気のアーリーバードシリーズが、

有難いことに発売開始から多くの方にご好評いただいていて、

街の雑貨店さんでも目にすることが多いのですが、その理由もあってか

最近は絵柄の入った商品が気になってきました。

その中でもミルティーユシリーズが、なんだかずっと気になっています。

ポット、カップソーサー、ケーキプレート、クリーマーと

紅茶の時間を楽しむための器が揃ったシリーズ。

懐かしい感じだなぁと、正直最初はそのくらいの印象でしかなかったミルティーユですが、

なんだかこのノスタルジックな感じが気になっちゃって、

ついには欲しくなってきました。

どのアイテムにも描かれている絵付がやっぱりこのシリーズの最大の魅力。

ぷっくりと美味しそうに膨らんだブルーベリーの実と葉は、

職人さんの手によって、ひとつずつ丁寧に描かれています。

まだ若いブルーベリーのように色が淡いものや熟した深い色味のもの、青々とした葉の色だったり、

同じデザインでも、こういう部分に人の手の温かさが加わっていて、

その優しい雰囲気は眺めるたびにうっとりとしてしまいます。

 

半磁器素材を使用しているので、

生地由来のクリーム色がより柔らかい雰囲気を醸し出しています。

プレートやソーサーには、波紋のように波打ったデザインがされているのもアクセントになっています。

この絵柄と生地のバランスによって

エレガントさがありながら、でも気取らない素朴さもあって、

絶妙なバランスが取れているデザインだなぁと改めて思いました。

 

 

普段はマグカップにティーバッグをぽんっと入れて飲む紅茶も、

たまにはいつもより丁寧に、ポットでゆっくりと茶葉を開かせて

美味しい紅茶とケーキをいただく。

そんな日常のちょっとした贅沢な時間に使いたくなるシリーズのご紹介でした。 

詳しくはこちら>>