Tsubaki flower-shaped plate

Description
"Tsubaki" in Japanese means camellia. "Tsubaki" [15 hexagonal plate] is hexagonally floral-shaped, footed and overglaze painted. It comes in two colors: [Red][Black]. Perfect as a plate to share for a small portion of Japanese New Year's food or other special meals. Also great as a confectionery plate to entertain the guests. By using this specialty-themed item, you will truly enjoy the dignified elegance that is given to the table and food! Camellia-inspired, hexagonal flower shaped, high-end Japanese footed plates, overglaze colored in red or black. Tableware using traditional Tsubaki flower motifs has been valued as a Japanese confectionery plate in tea ceremonies since early times. Our version of Tsubaki Plate is made of earthenware to make it easier to handle and beautifully colored by hand with a brush. Present Japanese confectionery or western baked pastries to enjoy your special tea time full of traditional Japanese vibes. Also great for entertaining the guests.
Price
¥2,420 (Including tax)
[exc tax ¥2,200]
Cord
109052
Variations  |  Color
Ask a question
Price in points: 2200 points
Availability
In stock

+
Description
"Tsubaki" in Japanese means camellia. "Tsubaki" [15 hexagonal plate] is hexagonally floral-shaped, footed and overglaze painted. It comes in two colors: [Red][Black]. Perfect as a plate to share for a small portion of Japanese New Year's food or other special meals. Also great as a confectionery plate to entertain the guests. By using this specialty-themed item, you will truly enjoy the dignified elegance that is given to the table and food! Camellia-inspired, hexagonal flower shaped, high-end Japanese footed plates, overglaze colored in red or black. Tableware using traditional Tsubaki flower motifs has been valued as a Japanese confectionery plate in tea ceremonies since early times. Our version of Tsubaki Plate is made of earthenware to make it easier to handle and beautifully colored by hand with a brush. Present Japanese confectionery or western baked pastries to enjoy your special tea time full of traditional Japanese vibes. Also great for entertaining the guests.

Features

Spec

Brand

studio m'

Size

W141mm/ D153mm/ H31mm/

Material Number

material number1details

Material Icon

Color Shade Variations

Color Irregularities

Glaze or Slip Drips

Crazing (Chaps)

Microwave Safe

Not Oven Safe

Not Dishwasher Safe

Material

今年のお盆は実家でのんびり過ごしました。

親戚が集まり食事をするのも、盆と正月くらい。他愛もない話で盛り上がり、家族みんな健康でいられることをありがたく感じられる、そんな歳になったんだなあって、しみじみしちゃいました。

それにしても、実家の食器棚って、なんであんなにいろんな器があるんだろっていうくらい

たくさんの器があります。いろんな器があるのに実際に使いたい器がない・・・・。

だから今年は持参しました。盆と正月くらい華やかな器で食事を楽しみたいですからね。

持参した器は「椿」。

その名の通り、椿の花をかたどった器です。椿を模した器は「椿皿」と呼ばれ、古くから使われてきました。その多くは漆器で、茶請けや取り皿として使われてきました。特に茶の席では非常に重宝されていたようです。

漆器は高級で、お手入れも大変そうというイメージがありますが、マルミツでは毎日の食事に、普段使いとして使えるように陶器で企画されました。

この椿、上絵付けという技法で色を付けています。そのすべてが職人の手作業です。その為、全体的にぽってりとした雰囲気で、華やかさの中にも肩ひじ張らない抜けた感じが表れています。なので、盆や正月といった晴れの日はもちろん、毎日の食事でも取り入れやすいのが気に入っています。

おひたしやきんぴらなどの副菜を盛ったり、おやつの時間にかりんとうやいもけんぴを盛っても、料理やお菓子を引き立てつつ、器はちゃんと存在感を示してくれます。

いつもの食事の時間やお茶の時間が少しだけ凛とするのはきっと椿のおかげです。

椿のシリーズには、赤絵の他、黒と銀彩があります。


赤絵とは違う、モダンで凛とした表情は食卓をまた違った雰囲気にしてくれます。


今回、実家では取り皿として椿を使いました。

大皿に盛られた料理を椿に取り分けて食べる。

「なんか高級な料理を食べているみたいだなあ」と笑った父に、


「高級じゃなくて悪かったね」と言い返す母。


「毎日使ったら毎日高級料理を食べてる気持ちになれていいじゃん」と、息子。

器ひとつで食卓も会話もにぎやかになった今年のお盆でした。




商品詳細はこちらから

今年のお盆は実家でのんびり過ごしました。

親戚が集まり食事をするのも、盆と正月くらい。他愛もない話で盛り上がり、家族みんな健康でいられることをありがたく感じられる、そんな歳になったんだなあって、しみじみしちゃいました。

それにしても、実家の食器棚って、なんであんなにいろんな器があるんだろっていうくらい

たくさんの器があります。いろんな器があるのに実際に使いたい器がない・・・・。

だから今年は持参しました。盆と正月くらい華やかな器で食事を楽しみたいですからね。

持参した器は「椿」。


その名の通り、椿の花をかたどった器です。椿を模した器は「椿皿」と呼ばれ、古くから使われてきました。その多くは漆器で、茶請けや取り皿として使われてきました。特に茶の席では非常に重宝されていたようです。

漆器は高級で、お手入れも大変そうというイメージがありますが、マルミツでは毎日の食事に、普段使いとして使えるように陶器で企画されました。

この椿、上絵付けという技法で色を付けています。そのすべてが職人の手作業です。その為、全体的にぽってりとした雰囲気で、華やかさの中にも肩ひじ張らない抜けた感じが表れています。なので、盆や正月といった晴れの日はもちろん、毎日の食事でも取り入れやすいのが気に入っています。

おひたしやきんぴらなどの副菜を盛ったり、おやつの時間にかりんとうやいもけんぴを盛っても、料理やお菓子を引き立てつつ、器はちゃんと存在感を示してくれます。

いつもの食事の時間やお茶の時間が少しだけ凛とするのはきっと椿のおかげです。

椿のシリーズには、赤絵の他、黒と銀彩があります

赤絵とは違う、モダンで凛とした表情は食卓をまた違った雰囲気にしてくれます。

 

今回、実家では取り皿として椿を使いました。

大皿に盛られた料理を椿に取り分けて食べる。

「なんか高級な料理を食べているみたいだなあ」と笑った父に、

「高級じゃなくて悪かったね」と言い返す母。

「毎日使ったら毎日高級料理を食べてる気持ちになれていいじゃん」と、息子。

器ひとつで食卓も会話もにぎやかになった今年のお盆でした。

商品詳細はこちらから

Similar Items

類似商品

同じ価格で!