商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

ブルー

ミント

凹凸の装飾が盛面全面に施されています

凹凸の装飾が盛面全面に施されています

star map 230plate  スターマップ 230プレート

price: ¥ 3,080 (税込)

code: 181931 ~ 181932

quantity

夜空に現れる星座を全面に彫り込んだ楽しいひと皿。大きく広がる夜空に浮かぶ星々に想いを馳せている風景をイメージして出来上がりました。明るい印象の釉薬に手彫りの細かなレリーフが浮かび上がり、星が瞬いているようで魅力的です。フラットな形状のワンプレートは、日常使いとして使い勝手が良く、メイン料理やワンプレートにも使えます。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
φ232/H23
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
磁器/色釉/酸化
・凹凸の装飾が盛面全面に施されています。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

色幅
色幅

商品の色に個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色ムラ
色ムラ

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラがでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

釉垂化粧垂
釉垂化粧垂

釉薬や化粧土が垂れたようになる場合があります。釉薬や化粧土を手作業でかけることによるムラや、焼成中の釉薬の流れにより、釉薬がたれた状態になります。

電子レンジOK

電子レンジのご使用について

電子レンジはマイクロ波で食材を加熱します。多くの場合は水分を加熱しますが、炭化した(焦げた)部分にはマイクロ波が集中し、他の部分より温度が上がる場合があります。例えば野菜炒めの炭化した(焦げた)部分にマイクロ波が集中して、器の中で大きい温度差が生まれ、破損する場合があります。また、水分だけでなく油分も加熱されます。油分の方が水分より沸点が高く、より高温となり、油分の含まれた部分と含まれていない部分に非常に大きい温度差が生まれ、破損する場合もございます

○電子レンジご使用後の熱くなった器を水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
※金・銀彩の上絵が施されている商品、特定の釉薬の商品には使用できません。使用できない商品にはシールが貼られていますのでご確認下さい
※付属品など陶磁器以外の素材については使用できません

食洗機△

食器洗い乾燥機のご使用について

食洗機NG表記ない商品につきましては、下記の項目を考慮の上ご使用下さい。
※食洗機内で器同士がぶつかると、破損します。
※殆どの陶磁器は水分を吸収します。表面上乾いた様に見えても、器の中には水分が残っている場合がございます。カビや匂いの発生の原因となるため食洗機使用後は速やかに取り出し、外気に触れる場所での十分な乾燥をするようにお願い致します。

オーブンNG

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら



「食卓で星の瞬きを愉しむ」

星空をお皿に。
そんなロマンチックな一言から生まれたシリーズです。

秋は、空気が澄んで星が美しさを増す季節。
夜空に瞬く星たちをたどっていくと、
昔の人々が紡ぎ出した星座の物語が浮かび上がります。

壮大なストーリーの数々は、
人々に語り継がれ、現代の私たちにもつながっています。
毎夜広がる美しい星空に想いを馳せながらできあがったひと皿です。
大きな宇宙の物語を、星から星へと旅する気持ちで楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

「皿に広がる星々をデザインする」

夜空に現れる星座を全面に配し、ドラマチックに仕上げました。
現れる時間や観測出来る場所など、パターンを何通りも試し、
心ときめく配置を試行錯誤しました。

見せたい星座を生かした盛り付けや
ロゴのアイテムとの組み合わせを考えることも楽しい使い方の一つです。

 

 

全面柄は、型屋の職人による手彫りでとても細かい仕事です。
星も文字も全て彫り起こしています。
星のサイズ感にもこだわることで、
遠くの星がうっすら輝く様子や明るく目に飛び込んでくる星など
実際に星空を見ているかのような奥行きが表現できました。

星型や丸を使い分け、ふたご座(GIMINI)の顔を星にするなど遊び心を詰め込みました。


中央を横切る凹の点線は、
天球上における太陽の通り道の黄道 (ecliptic)と天の赤道(equator)です。
凹凸装飾によりメリハリと躍動感を出しています。

リムには方角を彫り込んだ枠をつけて、天窓を覗いている印象です。
方角の表示に少し戸惑われるかもしれませんが、
皿と向かい合い天に向けた時の方角を表しています。

 

 

薄作りのため、
プレートには揺らぎが出ることもあります。

宇宙の大らかなイメージをここでも感じていただけたら、と思います。

 

 

「星が瞬く宇宙の色」

真夜中の深い夜の色、街灯がともる柔らかな夜空の色、夜明けの空、、、
様々な空の色を想像して色を考えました。

最終的に、レリーフが浮かび上がるように明るいトーンの2色を選びました。
どちらも透明感が適度にある釉薬です。

星たちが光っているようにも見え、食卓が爽やかになる印象です。
色むら、釉垂れの個体差は天の川にも見えてきます。

 

 

裏ロゴにも星が輝いています。

 


フラットな形状のプレートは、日常使いとして使い勝手がよく、
メイン料理やワンプレートに使えます。


キャンドルを灯して毎夜広がる美しい星空に想いを馳せ、
ゆったりとした時間が流れる中で食卓を囲んでみましょう。