2022.09.09 Fri

ディッシーズ

お月見の器『ペイヴ』

日中はまだまだ厳しい残暑が続いていますが、夜には虫の声が聞こえはじめ、少しづつ秋の気配を感じますね。

秋の夜といえばお月見。9月10日は中秋の名月です。

古くから月の満ち欠けが暮らしや農作業に深く関わっていたことから、

お月見はお米や農作物が無事に収穫できたことに感謝し、次の年の豊作を祈願するという意味合いがあります。

 

今日はそんなお月見のシーンにも似合いそうな器、「ペイヴ」をご紹介します。

 

 

今回加わった新色「濃藍(こあい)」。

焼成することで釉薬が流れ縁回りに焦げ感ができたり、釉だまりが色濃く出たりする動きのある表情が印象的です。

落ち着いた深みのある青緑色はお料理を上品に引き立ててくれます。

 

また、高台があることでテーブルと皿の間に空間が出でき、きちんとした感じが生まれ、

特別な日のテーブルや料理と相性の良いフォルム。

お月見のお団子を盛り付けるのにもぴったりです。

 

他にも6寸皿には焼き魚に秋野菜を品よく添えて盛り付けてみたり、4.5寸皿は梨や葡萄、柿など秋の果物をのせれば

みずみずしくさらに美味しそうに見せてくれそうです。

 

食卓にペイヴを加えて、特別な秋の夜を過ごしてみてくださいね。

DISHES