2022.11.20 Sun

ソノ

器の冬じたく -お重-

11月も下旬になり、今年も残すところあと1か月と少し。

12月のイベントや行事のシーズンに向けて準備を始めませんか。

 

お正月の器のひとつ、お重をご紹介致します。

お住は、お正月に使うもの...というイメージもありますが、

意外と毎日の食事でもお使いいただける器。日々の使い方も合わせてご紹介致します。

 

 

[ リセ三段重 白・水色・深紫・藍]

 

フランス語で「なめらかな」と意味するリセ。

名前の通りなめらかな質感の磁器製のお重です。

小ぶりなサイズ感や少し淡く柔らかな印象の色展開は、

副菜や常備菜を入れて普段の食卓にも並べたり、

来客時には一人分の料理を盛りつけて銘々に用いたりと日常使いにもおすすめです。

おせちを銘々で盛り付けたい時や、

少量のおせち料理を楽しみたい時など様々な使い方を楽しんで頂けます。

 

 

 

[ 隅切二段重 白・濃藍 ]

 

今年の秋冬に仲間入りした、隅切二段重。

こちらは名前の通り、四角形の四隅の角を落とした形のお重。

直線の多い形は凛とした雰囲気で、ハレの日にぴったり。

おせち料理以外でも、ちらし寿司や盛り鉢、

和菓子の菓子器など普段も使っていただきたい器です。

 

隅切りの形がきれいなので、蓋を外して鉢のようにお使い頂けます。

土物ならではの素朴な風合いと落ち着きが魅力的。

凛とした中に柔らかさを感じられる白と

深い色あいがよりお重を際立たせる濃藍の2色からお選び頂けます。

 

この他にもイベントや行事の日のテーブルを彩る器が揃います。

ぜひ、冬の器の準備をしにソノへいらして下さいね。

 

ソノ