2024.01.11 Thu

クーヴェールア・ラ・メゾン

花の器のご紹介

新しい年を迎え、

お正月の和の雰囲気から一遍、お花の器が少しずつ店頭に並び始めました!

洋風なテイストで気分をかえて、

食卓にお花を飾るような感覚で楽しむこともできる花の器。

今回は、ラヴィゴットとフランボワーズ2つのシリーズをご紹介致します。

 

 

「ラヴィゴット」

こちらは田舎フランスをイメージして作られた器。

陶器に白化粧土を施すことで、ぽってりとした柔らかな印象になっています。

一枚一枚職人さんが手書きで施した花柄模様も物によって様々な表情があり、

釉薬の濃淡とともに手作りならではの温かい表情もお楽しみいただけます。

アイテム展開も豊富に揃っており、ワンプレートができるサイズ感や

ケーキ皿、コンポートの器など様々取り揃っております。

 

 

「フランボワーズ」

器全体に施されたフランボワーズの絵柄。

前面に施されていることでお料理を少量盛っても、

余白を楽しめるような器になっています。

一枚のプレートの中に同じ柄は一つもなく、

不規則に並んだフランボワーズが独特のリズムを生み出しています。

1枚あるだけで存在感があり、

重ね使いをすることでより華やかに組み合わせも楽しめます。

大皿から取皿サイズとあるので、お好みのサイズ感で食卓を彩ってみるのも素敵ですね。

 

他にも様々な花の器がございます。

花の器といっても、色味によっても様々な印象が楽しめます。

お好みの印象を見つけて、食卓を囲んでみてはいかがでしょうか。

 

クーヴェールア・ラ・メゾン